Monthly Archives: 4月 2016

2016.5.4 wed 即興演奏 『横山祐太・田井中圭・高島正志トリオ -すなわち興じること-』

13115809_10207652831696400_1061658414_n

 

ゴールデンウィークはイベント多数!
5月4日のみどりの日には、芸術村では定例的になってきた
即興演奏のライブを開催します。

『 横山祐太・田井中圭・高島正志トリオ -すなわち興じること-』

【日時】 5月4日(水) 開場: 17:30 開演: 18:0
【運営協力金】1,000円+投げ銭
【出演】横山祐太 トランペット(北海道)
田井中圭 ギター(東京)
高島正志 ドラム(会津若松)
【主催】Nfes×西会津国際芸術村

2016.5.8 自然に響くトランペットコンサート

菜の花まつり_コンサートチラシver2菜の花まつり_コンサートチラシver22

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

5月8日(日)、西会津国際芸術村を活動の拠点としている寺前自然塾の「菜の花祭り」と「西会津国際芸術村」にて、自然に響くトランペットコンサートを開催します!入場無料です!!沢山の方のご来場をお待ちしています。

『自然に響くトランペットコンサート』

5月8日(日)入場無料

【時間と会場】
stage1 10:00~ 菜の花祭り会場にて
stage2 11:00~ 菜の花祭り会場にて
satage3 14:00~ 西会津国際芸術村にて

【演奏者プロフィール】

トランペッターNoby(ノビー)

福島県本宮市出身、二本松市在住のプロトランペッター。10歳でトランペットを始める。イタリア人トランペッター「ニニ・ロッソ」に憧れを持ったが、音楽学校などへは行かず趣味での活動を続け、2000年に行われた、ヤマハ主催管楽器カラオケチャンピオンシップ件大会で優勝。これを機にソロコンサート活動を始める。現在は、ビッグバンドファジーネーブルのリーダーを務め、ソロ活動では、ドイツ、タイでの演奏経験を持ち、、国内では、つるの剛士コンサートツアーでの共演、ジャズ界の巨匠”前田憲男”との共演など、ジャンルを問わない演奏に好評を得ている。震災後は、被災地3県をまわり、現在もNPOを立ち上げ、心の復興支援コンサートを続けている。

kawai-noby1

 

 

 

 

 

 

4.16sat~5.22 短編映画 福島桜紀行上映

福島桜紀行_ver3 福島桜紀行_ver32

 

 

 

 

 

 

 

12983969_475504335975828_3770991093483594284_o

 

 

 

 

 

 

【短編映画 『福島桜紀行』 上映】

短編ドキュメンタリー映画『福島桜紀行』を”じぶんカフェ”にて上映します!期間中は30分ほどの短編映画を繰り返し再生していますので、展示と合わせてぜひご覧ください!
また、5月7日には監督である鉾井喬さんによる講演会も予定しております!

<上映期間>
4月16日(土)〜5月22日(日)の毎週末および祝日

<会場>
西会津国際芸術村 じぶんカフェ

<上映時間>
30分程度

<予告編>
http://www.hokoitakashi.com/hokoitakashi.com/cinema.html

<概要>
桜前線に沿って福島県内を移動しながら、桜の咲く風景と桜に関わる人の声を記録した紀行ドキュメンタリー作品。福島に今も残る日本の原風景や素朴な人柄、そして被災地の現状を桜を通じて描くというコンセプトで、美しい風景を伝えるために全編4Kで撮影、編集している。

<監督プロフィール>
鉾井 喬(ほこい たかし)
福島県福島市在住
風で動く彫刻を大自然に設置して映像として記録をするなど、モノと映像の融合を図る作品を制作。 一方、震災以降数々の現場取材を経て、実写を中心とした映像作品の制作も展開。

4.16sat~5.22sun 櫻田美佐子・こと葉 二人展

sakurada_kotoha_flyer_ページ_1 sakurada_kotoha_flyer_ページ_2

 

 

 

 

 

 

『櫻田美佐子・こと葉 二人展』

会期:4月16日(土)〜5月22日(日)
展示:風景写真/水彩画

内容:西会津国際芸術村の前身である、旧新郷中学校出身者とその仲間による二人展。西会津の風景や雪山の写真と、水彩画による生命の表現。

<出展者コメント>
〜櫻田美佐子「写真:西会津と山々」〜
自然の中にある植物や樹木はいつか消えてしまうことになるだろう。山の斜面の崩壊によって何百年も生き続けていた大木が、根こそぎ土砂と一緒に流れているのを何度も目にしている。いつまでそこに存在するのかはわからない、同じブナの木に会うために季節を変えながら何年も通い続けているが、これからも挑戦する事になるだろう。

西会津町は豊かな自然もそのまま残っていてここに来ると子どもの頃の記憶がよみがえる。展示する作品は素晴しいものでなくてもいいのではないか、自分に合った表現であればそれでいいのでは…と思っている。

〜こと葉「水彩画:ちいさな生命たち」〜
桜や緑豊かな季節に西会津での展示ということでキラキラした「生命」をイメージしました。私自身はまだ西会津に行ったことはありません。まだみたことの無い何処かで、密かに生息しているらしい生き物たちの美しさ・強さ・ユーモラスさを自分らしく表現出来たらと思います。

<出展者プロフィール>

・櫻田美佐子(写真)
西会津町 新郷中学校出身(西会津国際芸術村の前身)
西会津高等学校卒業

スキ-で訪れた雪山の色に魅了されて2005 年頃より独学で写真撮影を始める他に羊毛フェルトや編み物などの手芸
品を制作(作家名Tear☆drop)。イベント等で作品販売・ワークショップもおこなっている。飯豊連峰を望む家で、高校卒業までの時を過ごした。それからたくさんの時が流れ、私は写真というツールで山と向き合い・兄は登山というツールで山と向き合った。山と向き合う私と兄。この西会津の地で、父・母・そして亡
き兄に西会津と山々の写真を捧げる。

・こと葉(水彩画)
仙台在住フリーのイラストレーター
水彩、フォトショップでイラストを作成
チラシの挿絵やクリスマスカード、時々
似顔絵も描いたりもしている。
HP:http://kotohasakana.jimdo.com/

 

 

*4月16日、4月17日に開催したライトアップにて櫻田さんが撮影した写真

?????????DSC_806 0-a_edited-1 s花合わせDSC_8071-a s春化粧DSC_8039