4.16sat~5.22sun 櫻田美佐子・こと葉 二人展


sakurada_kotoha_flyer_ページ_1 sakurada_kotoha_flyer_ページ_2

 

 

 

 

 

 

『櫻田美佐子・こと葉 二人展』

会期:4月16日(土)〜5月22日(日)
展示:風景写真/水彩画

内容:西会津国際芸術村の前身である、旧新郷中学校出身者とその仲間による二人展。西会津の風景や雪山の写真と、水彩画による生命の表現。

<出展者コメント>
〜櫻田美佐子「写真:西会津と山々」〜
自然の中にある植物や樹木はいつか消えてしまうことになるだろう。山の斜面の崩壊によって何百年も生き続けていた大木が、根こそぎ土砂と一緒に流れているのを何度も目にしている。いつまでそこに存在するのかはわからない、同じブナの木に会うために季節を変えながら何年も通い続けているが、これからも挑戦する事になるだろう。

西会津町は豊かな自然もそのまま残っていてここに来ると子どもの頃の記憶がよみがえる。展示する作品は素晴しいものでなくてもいいのではないか、自分に合った表現であればそれでいいのでは…と思っている。

〜こと葉「水彩画:ちいさな生命たち」〜
桜や緑豊かな季節に西会津での展示ということでキラキラした「生命」をイメージしました。私自身はまだ西会津に行ったことはありません。まだみたことの無い何処かで、密かに生息しているらしい生き物たちの美しさ・強さ・ユーモラスさを自分らしく表現出来たらと思います。

<出展者プロフィール>

・櫻田美佐子(写真)
西会津町 新郷中学校出身(西会津国際芸術村の前身)
西会津高等学校卒業

スキ-で訪れた雪山の色に魅了されて2005 年頃より独学で写真撮影を始める他に羊毛フェルトや編み物などの手芸
品を制作(作家名Tear☆drop)。イベント等で作品販売・ワークショップもおこなっている。飯豊連峰を望む家で、高校卒業までの時を過ごした。それからたくさんの時が流れ、私は写真というツールで山と向き合い・兄は登山というツールで山と向き合った。山と向き合う私と兄。この西会津の地で、父・母・そして亡
き兄に西会津と山々の写真を捧げる。

・こと葉(水彩画)
仙台在住フリーのイラストレーター
水彩、フォトショップでイラストを作成
チラシの挿絵やクリスマスカード、時々
似顔絵も描いたりもしている。
HP:http://kotohasakana.jimdo.com/

 

 

*4月16日、4月17日に開催したライトアップにて櫻田さんが撮影した写真

?????????DSC_806 0-a_edited-1 s花合わせDSC_8071-a s春化粧DSC_8039

Comments are closed.