11.2 ~ 12.4 江口敬 写真展「風姿」& 渡邉理絵香 絵画展「エクササイズ」

%e6%b1%9f%e5%8f%a3%e6%b8%a1%e9%82%89%e5%b1%95hp%e3%83%98%e3%83%83%e3%82%bf%e3%82%99%e3%83%bcr2

 

 

 

 

「江口敬 写真展『風姿』・渡邊里絵香 絵画展『エクササイズ』」

会期:11月2日(水)〜12月4日(日)
(月・火休館日 10:00~17:00、最終日は15:00まで)

展示:写真/絵画

内容:2013年写真展「そのときの光」を開催された写真家・江口敬さんによる、能をテーマに制作した新作写真と、第5回西会津国際芸術村公募展一般の部大賞を受賞された、渡邊 里絵香さんの絵画作品の二人展。

<作者コメント>

〜江口 敬 「写真:風姿」〜
「能」をご存知ですか?
能(または能楽)は、室町時代から続く、日本を代表する舞台芸術の一つです。 憂い顔の白い能面をつけ、クラシックな装束を纏い、見方によっては抽象的とさえ言える舞を舞う舞台の様子を実際に、あるいは映像メディアを通じてご覧になった方も多いかもしれません。 現代まで伝わる能の演目はおよそ二百数十曲と言われており、その多くは能の始祖とも呼ぶべき観阿弥(かんあみ)と世阿弥(ぜあみ)の父子にさかのぼります。中でも世阿弥は、能の優れた作者・演者であったのみならず、能の真髄を記した指南書『風姿花伝(ふうしかでん)』を遺すなど、その後の日本文化のあり方に大きな影響を与えました。 能の演目のほとんどは、伊勢物語や源氏物語、平家物語のような、古代から中世にかけて成立した古典文学であったり、民間伝承を題材としています。能には、能という芸能が生まれるより前のさまざまな文化的エッセンスを漉して集め、それらを組み立て直して再提示するという特徴があります。それによって、能を見、能を聴く人々の心の中に、複雑で重層的なイメージを作り出そうとしているのです。 しかも、能の舞台演出は極めて大胆です。例えば、源氏物語の一挿話を基にした「葵上(あおいのうえ)」という演目では、タイトルになっている葵上自身は登場人物としては一切姿を現さず、ただ一枚の着物(小袖)が舞台中央に横たえられ、その着物が、六条御息所(ろくじょうのみやすどころ)の生き霊に悩まされる葵上という一人の女性に見立てられるのです。 写真展『風姿』では、この「見立て」の精神をもっとも大切にしました。 「見立て」とは、或るものを別なものになぞらえること。或るものを通して別な何ものかを幻視する行為とも言えます。大空を横切る飛行機雲の写真に、それぞれの絵柄から想起される能の演目名を付したのは、私なりの「見立て」です。 あるとき突如、虚空に白い痕跡を現し、すぐまた風に押し流されて跡形もなく消え去る飛行機雲。その美しさと儚さに魅力を感じたのはもちろん、場所・時刻・季節・気象……さまざまな要素が加味されることにより自在に変化する飛行機雲の姿かたちに思わぬ感情の揺れや物語性を見出したことが、この作品集誕生の大きなきっかけでした。 能が、舞台の上で古い物語を新しく仕立て直し、懐かしさと新鮮さの両方の感情を二重写しで生み出すように、本写真展が見る人の胸中に深く響くメッセージとなることを心より願っています。 2016年11月 作者

<作者プロフィール>

江口 敬
写真家
1972年 東京都三鷹市生まれ。
学習院大学法学部政治学科卒業。学生時代、能(仕舞と謡)の稽古に勤しむ。仕事の傍ら、独学で写真を学ぶ。�「日常のとなりにある、非日常の美しさ」をメインテーマに、自然風景や生活空間に存在する光・色・形の美をモティーフとした作品の制作・発表を行っている。�近年は〈場の力〉や日本の伝統芸能から想を得た作品を多く発表している。
福島県福島市在住。
http://eguchitakashi.wixsite.com/photography
http://egtkweb.exblog.jp
《個展》
2010.12.18 – 2011.1.16 「Beyond」 Kalos Gallery(宮城県仙台市)
2012.2.1 – 2.13 「風渡ル組曲」 珈琲楓舎(風花画廊内)(福島県福島市)
2012.4.14 – 5.6 「風渡ル組曲」 Kalos Gallery(宮城県仙台市)
2013.2.5 – 2.17 「Life is beautiful -光の森-」 iia gallery(東京都中央区・日本橋小伝馬町)
2013.7.22 – 8.3 「音のない言葉」 Art Gallery M84(東京都中央区・銀座)
2013.10.20 – 11.24 「そのときの光」 西会津国際芸術村(福島県西会津町)
2014.2.12 – 3.3 「音のない言葉」 珈琲楓舎(風花画廊内)(福島県福島市)
2015.4.1 – 4.13 「光の森」 珈琲楓舎(風花画廊内)(福島県福島市)
2015.9.14 – 9.26 「風姿」 Art Gallery M84(東京都中央区・銀座)
2016.5.25 – 6.6 「風の向こう側」 珈琲楓舎(風花画廊内)(福島県福島市)

渡邉 里絵香
1986年 福島県生まれ
2010年 東北芸術工科大学卒業
《個展》
2010年 福島県 カフェギャラリー風と木
2011年 『ムービングフォレスト』 宮城県 アートルームエノマ
2011年 『渡邉里絵香ドローイング展』 宮城県 美術カフェピクニカ
2014年 『幸福な若者たち』 東京都 GALLERY b. TOKYO
2014年 『幸福な若者たちin仙台』 宮城県 アートルームエノマ
2016年 『とうめいなちから』 福島県 珈琲楓舎
《受賞・入選》
2008年 『第14回ふるさとの風景展in喜多方』 奨励賞
2010年 『第5回西会津国際芸術村公募展』 大賞
2013年 『シェル美術賞2013』 入選
2014年 『シェル美術賞2014』 入選
2014年 『第19回ふるさとの風景展in喜多方』 大賞
2014年 『リキテックスアートプライズ2014』 入選
《収蔵》
『ミントティー覗くきょうだい』 福島県 喜多方市美術館

11月2日・3日 谷川賢作ピアノソロコンサート!


tanikawa-01-01tanikawa-01-02


11月2日(水)・11月3日(木・祝)
谷川賢作ピアノソロコンサート&ワークショップ
昨年に引き続き、音楽家・演奏家の谷川賢作さんによるピアノソロコンサートが西会津にやってきます!!
—————————-
11月2日 
『森の不思議』
~
谷川賢作が自然をテーマに紡ぐピアノと歌の世界~
開場18:00 開演18:30~
場所:旧尾野本小学校木造講堂
—————————-
11月3日 
『谷川賢作と歌をつくってみよう!』
~アクロスティックで詩を書き、メロディーを口ずさんで、
この日に生まれる歌をつくってみませんか~

開場13:30 ワークショップ開始14:00~
場所:西会津国際芸術村
※ワークショップ後ミニコンサートとなります
===========================================
チケット 前売り券 2,000円 当日券2,500円
(1枚で11月2日、3日の両日入場いただけます。)
※西会津町民の方に当日500円のキャッシュバック
(お申し出ください)
※両日中学生以下入場無料
※11月3日のワークショップのみご希望の方は当日1,000円にてご参加いただけます。

販売場所(チケットは10月11日より販売開始)
:西会津国際芸術村
:レストランカフェ KURA.(クラドット)
(耶麻郡西会津町野沢字原町乙2161-5)

※遠隔地でお求めが難しい場合は、
お電話またはメールでのご予約でも可電話番号 0241-47-3200 西会津国際芸術村
メール nishiaizu.nfes@gmail.com

※申し訳ありませんが、チケットの払い戻しには応じ兼ねます。
============================================

<コンサート内容>
1日目の11月2日(水)のタイトルは、
『森のふしぎ』
〜谷川賢作が自然をテーマに紡ぐピアノと音の世界〜
 
音響の良い旧尾野本小学校の木造講堂が会場。まさにタイトルの通り、虫の音が聞こえる音の響きの柔らかい会場で、自然をテーマにした谷川さんの世界観を存分に楽しめるコンサートです。
今回演奏に使用するピアノは、昭和40年台のグランドピアノ KAWAI NO.600を県内屈指のピアノ調律士に特別に復活していただきました。子供達が長年使ってきた思い出のつまったピアノに、谷川さんによって再び命が吹き込まれます!(実は昨年、西会津国際芸術村で復活したアップライトピアノも、谷川さんに復活の命を吹き込んでいただきました!)
 
2日目の11月3日(木・祝)は、なんとワークショップとコンサートのセットです!!
 『谷川賢作と歌を作ってみよう!』
〜アクロスティックで詩を書き、メロディーを口ずさんで、この日に生まれる歌を作ってみませんか〜
 

会場は西会津国際芸術村。こちらも木造の旧校舎で、昨年の谷川さんのコンサートと同じ会場です。谷川さんがピアノを弾きながら口ずさむメロディーまで聞こえるほど距離が近く、プライベートな雰囲気のコンサートになります!お子さんは無料ですので、ぜひ、この機会にプロの音楽家と一緒に歌をつくりましょう!ワークショップのあとはコンサートもセットになっておりますので、楽しく充実した文化の日となることは間違いありません!

<プロフィール>
谷川賢作 たにかわ けんさく
1960年東京生まれ。ジャズピアノを佐藤允彦に師事。演奏家として現代詩をうたうバンド「DiVa」、ハーモニカ奏者続木力とのユニット「パリャーソ」、また父である詩人の谷川俊太郎と朗読と音楽のコンサートを全国各地で開催。80年台半ばより作曲にも取り組み。映画「四十七人の刺客」「竜馬の妻とその夫人と愛人」NHK「その時歴史が動いた」テーマ曲等。88,95,97年日本アカデミー賞優秀音楽賞受賞。その他音楽プロデュース、音楽監督等多数。

<会場について >
*旧尾野本小学校木造講堂(西会津音楽堂)
平成23年に町内の学校統合により廃校になった、旧尾野本小学校に併設されている木造講堂。築年数は70年を越え、懐かしさを漂わせるこの講堂は音響的にも非常に優れた特性を持つ極めて貴重な旧建築です。これまで平成26年「アミ・モノ ~そこにあっただけの庭~」、泉真由・鈴木大介「八重の桜~会津のひびき」、平成27年「にしあいづ木造講堂音楽会」等を開催。

*西会津国際芸術村
西会津国際芸術村は、2002年に廃校となった木造校舎(旧新郷中学校)を、創作活動・ギャラリー・地域文化の育成・グリーンツーリズムの拠点等に活用している文化交流施設です。西会津町及び株式会社西会津町振興公社が共同で管理・運営を行っており、公募展・アーティストインレジデンス・芸術教室などの事業をNPO法人西会津国際芸術村が推進しています。

11.5(sat)鍛金ワークショップ 「三寸の月」 

三寸の月 8-24原案

 

【鍛金ワークショップ 11.5(sat)三寸の月 参加者募集!!】

錫を木槌で叩いて手のひらサイズの小皿をつくり刻印をします!
芸術村、初めての鍛金ワークショップ。講師に金属造形作家の小山祥吾さんをお迎えし、直接指導いただきます。なかなかない鍛金のワークショップ、腕の力が少し必要ですが、無心になって錫を叩き満月のようなお皿を作りましょう。
お気軽にご参加下さい!!

【日程】2016年11月5日 (土) ※午前・午後一回づつの開催となります。
①10:00〜11:30  ②13:00〜14:30
【場所】西会津国際芸術村
( 〒969-4622福島県耶麻郡西会津町新郷大字笹川字上の原道上 5752)
【参加費】1,000円
【定員】 各回5名
【所要時間】 90分
【備考】※未就学児、小学低学年までは保護者同伴。
※親子参加の場合、1組1皿とさせていただきます。
【講師】小山祥吾(金属造形作家)http://shogo-oyama.com/
【企画・コーディネート】菊池由紀子 http://www.yukikokikuchi.com
【参加費】1,000円
【定員】 各回5名
【申込み締切】 10月22日(土)
【申込み・お問い合わせ】お申し込みの際、1回目10:00〜と2回目の13:00〜のどちらが希望かお教え下さい。tel:0241-47-3200メールniav.public@gmail.com
(西会津国際芸術村 担当:長谷川)

※ 汚れても良い服でお越しください!

第11回西会津国際芸術村公募展2016 審査結果発表!

 

第11回西会津国際芸術村公募展2016 の審査結果が出ました。
入賞された皆様、おめでとうございます!

授賞式は10月8日(土)12時30分より西会津国際芸術村にて執り行われます。

%e5%85%ac%e5%8b%9f%e5%b1%952016%e5%8f%97%e8%b3%9e%e8%80%85

9月22日「森を漉く」アートワークショップ開催!

森を漉く_FINAL_ページ_1 森を漉く_FINAL_ページ_2

 

【9月22日(木・祝) 森を漉くワークショップ 参加者募集中!】

西会津の森の中に入り、森の中のものを素材に沢の水や滝で紙を漉くワークショップを開催します!森の紙を作ってみませんか。

かつて西会津地域の重要な生業の一つであり、会津藩の公文書にも使われていたという「出ヶ原和紙」。西会津町ではこれまで有志が集まり、和紙職人で美術家の滝澤氏と共に、かつての和紙製造方法の調査研究や、実際に使われていた道具の収集、原料となる楮の探索から和紙の生成、紙漉き体験など、その復活再生を試みてきました。このワークショップでは、森にある様々な素材を紙に漉きこむプロセスを通じて、和紙と森の関係性を見つめ直していきます。子供から大人まで楽しめる内容となっていますので、ぜひ揃ってご参加ください。

アーティスト:滝沢徹也

【日程】2016年9月22日 (木・祝)
【集合場所】西会津国際芸術村
【目的地】 西会津町奥川地区 寺清水広場(塩集落周辺)
【参加費】無料
【定員】 10名
【お問い合わせ】
0241-47-3200
morinohakobune.nishiaizu@gmail.com
(西会津国際芸術村 担当:楢崎)

※ ぬれても良い服でお越しください!

☆スケジュール
10:00 西会津国際芸術村集合、広場に移動
10:15〜 体験説明、加工方法の実演説明動
10:45〜 森の中を散策、材料探し
11:20〜 材料加工
12:00〜 昼食休憩(各自でご用意ください)
13:00〜 紙漉き開始
14:30〜 休憩、圧搾
15:00〜 紙干し
16:00〜 現地または芸術村で解散

<主催>
福島県|森のはこ舟アートプロジェクト実行委員会
実行委員会事務局:NPOふくしまアートネットワーク
<共催>
東京都
アーツカウンシル東京(公益財団法人東京都歴史文化財団)
<協賛>日本たばこ産業株式会社
<協力>心の復興推進コンソーシアム
<助成>文化庁